沖縄マンゴーの特徴(アップルマンゴー)

        
とてもジューシーです。

マンゴーは世界三大美果(その他はマンゴスチン・チェリモヤといわれています)の一つと呼ばれています。

 中でも沖縄マンゴー(品質は主にアーウィン種)は沖縄の亜熱帯気候を生かしながらビニールハウス内に植樹され世界的にも非常に高い品質レベルで栽培されます。
 その一つの特徴として樹の上で熟された後、収穫・出荷される”完熟マンゴー”といわれる特別なマンゴー(完熟する前に収穫・出荷される外国産とは全く違うマンゴーとなっています)であり、また果皮が美しい紫紅色をしていることから”アップルマンゴー”ともいわれ7月〜8月に収穫・出荷されています。
 沖縄マンゴーは安全で尚かつ気品高い特有の香りと果肉の酸味、甘みのバランスがとても良くてジューシーなのが人気だといわれています。
 
 外国産とは全然違う沖縄完熟マンゴーを是非、頂いてみてはいかがでしょうか?
もどる